ホーム  >  ご挨拶

ご挨拶

ご挨拶

社会医療法人誠光会 副理事長 鈴木 孝世
社会医療法人誠光会 副理事長 鈴木 孝世

医療福祉の原点を求めて

草津ケアセンターのホームページをご覧いただき、ありがとうございます。施設の責任者、社会医療法人誠光会副理事長の鈴木より一言ご挨拶を申し上げます。

誠光会は草津総合病院、草津ケアセンター、看護専門学校等々を擁する、地域の皆様方に開かれた社会医療法人でございます。「誠心誠意を尽くし、一隅を照らす光の如く、人々に幸せをもたらす医療を行う」という理念のもと、私たちは、総てのライフステージにおいて、質の高い、暖かみのある医療福祉を提供することに力を尽くしております。 すなわち、草津総合病院は細胞集合体としての「生命」を守り育て、草津ケアセンター並びに関連の介護施設は生きていくことを物語る「いのち」を繋ぎ慈しんでゆくことを使命としております。この二つの「いのち」がともに生き生きと、また、しなやかに溶け合ってこそ、尊厳を有する望ましい人生が形作られるものと考えております。

「誕生」とは何か、「生活」とは何か、「老い」とは何か・・・。人生を重ねた老齢期においてこそ、また、人生の最終段階でしか深く考えられない人間の営みが数多くございます。当センターを利用される皆様方が体力を回復して家庭に戻ることが出来るように、また、利用される方とそのご家族がともに思いを繋ぐ時間が持てるように、草津ケアセンターはチーム医療、チーム介護を推進し、安心して時を過ごす環境を整備して、皆様方のご利用をお待ちしております。

出身医局 昭和51年3月 京都大学医学部卒
昭和53年7月 京都大学医学部
第一内科(血液内科) 入局
専門 血液学・感染症学

管理者安田 和弘
管理者 安田 和弘

高齢者の在宅での日常生活支援を

「老人保健施設」とは、かつて「中間施設」と呼ばれ、医療と在宅の中間に位置し、入院治療などで「病気」は良くなったものの「日常生活機能の低下」によりスムーズに在宅に戻れない高齢者を一旦入所頂き、機能を回復させた後、在宅に戻って頂く為の施設としてスタートしています。
しかしながら介護保険の適応となり、年月を経過するうちに高齢者の「長期入所施設」化してしまいました。
私どもの施設では老人保健施設の原点に戻るべく、高齢者の在宅での日常生活支援を目的に運営を進めています。

日常生活の機能維持、回復の為に理学療法士、作業療法士、介護福祉士等が、食事をいつまでも美味しく口から食べてもらう為に看護師、管理栄養士、言語聴覚士等が、合わせて口腔ケアの為に歯科医師、歯科衛生士、介護職等が、それら以外にも社会福祉士、ケアマネージャー等、多くの資格を持った職員が「みんな」で高齢者が在宅でいきいき暮らしてもらう為の支援に当たっています。
まずはどうぞ施設の見学にお越し下さい。

出身医局 昭和48年3月 金沢大学医学部卒
昭和48年6月 京都大学医学部第一外科入局
専門 消化器外科
透析治療(日本透析医学会専門医・指導医)

基本理念
Basic Idea

誠心誠意の看護・介護

一隅を照らす光の如く、人々に幸せをもたらす看護・介護

ご利用者様の在宅における自立を目的に、医師の管理の下で看護・介護及び機能訓練、 日常生活上のリハビリテーションを行い、在宅への復帰を促します。

基本方針
Basic Policy

ご利用者様の主体性と自立性を尊重し、明るい家庭的な雰囲気の集団の中で、 生きがいのある充実した生活が送れるよう援助し、地域とのつながりを大切に、 ご利用者様の多様なニーズに即応した、温かくきめ細かいサービスを提供します。

Copyright © kusatsu care center All Rights Reserved.