平成28年度 草津総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 177 143 341 523 841 910 1529 1891 1527 571
解説:地域医療支援病院であることから小児から高齢者までを対象に医療を提供しています。年齢依存性に高齢者患者が増えており、70歳代がピークとなっています。このような傾向は多くの病院でみられ、地域密着型病院の特徴といえるでしょう。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110050xx97x10x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 63 4.2 7.5 0.0% 60.4
110050xx97x10x 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術・処置等2あり 定義副傷病なし 48 50 29.5 0.0% 58.4
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 43 7.3 6.8 0.0% 58.2
060020xx97x0xx 胃の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 41 11.7 17.5 4.8% 58.0
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 39 5.1 5.6 0.0% 35.7
解説:腹膜播種治療センターを有しているため、胃がんの腹膜播種や特殊な腹膜疾患を有する患者が入院されます。胃がんは化学療法が主となり、腹膜偽粘液腫などの腹膜疾患は外科治療が適応となります。胆嚢疾患も多く、腹腔鏡下手術の対象となります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 187 4.74 4.71 0.5% 69.1
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 135 34.5 17.9 0.7% 84.9
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 79 3.86 3.06 0.0% 67.2
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 5.3 5.8 0.0% 74.6
050130xx97000x 心不全 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 37.3 24.6 2.6% 81.3
解説:狭心症などの虚血性心疾患の患者は増加傾向にあり、救急から入院される患者も増えています。積極的に心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈形成術を行っており、クリニカルパスを利用し、入院期間の短縮を図っています。心不全患者は社会の高齢化を反映して増加しており、複数の疾患を有することから入院期間は長くなる傾向にあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 79 15.4 11.0 5.0% 77.2
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 69 7.6 5.5 0.0% 48.3
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 46 9.3 9.1 0.0% 67.5
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 35 8.4 7.8 0.0% 54.7
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 10.8 7.4 0.0% 67.6
解説:高齢者に多く見られる疾患で入院される症例が増えています。胆管結石の多くは内視鏡的治療の対象となり、入院期間も長くなる傾向にあります。ウイルス性腸炎や虚血性腸炎は緊急入院の症例が多くなっています。
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 75 67.6 21.7 5.3% 85.7
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 62 23.3 12.4 4.8% 80.6
100380xxxxxxxx 体液量減少症 40 30.3 9.3 0.0% 86.4
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なしA-DROP スコア2 31 37.7 15.2 0.0% 84.9
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病ありA-DROP スコア2 31 41.8 18.7 6.4% 86.7
解説:総合内科に入院する患者は平均年齢が80歳以上の高齢者で、誤嚥性肺炎、尿路感染症、脱水症が主要3大疾患です。誤嚥性肺炎は重症化する症例が多く、他疾患にくらべ在院日数は延長しています。
産科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 193 9.2 6.2 0.0% 43.5
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 103 6.9 6.4 0.0% 38.3
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 48 7.5 7.9 0.0% 36.9
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 36 2.6 2.6 0.0% 59.3
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 35 3.0 3.0 0.0% 41.4
解説:当院の産婦人科は腹腔鏡下手術が大きな強みであり、多くの患者が紹介されてきます。子宮や卵巣の良性腫瘍は腹腔鏡下手術の良い適応であることから、これらの疾患の患者数が多くなっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 30 5.5 5.2 0.0% 64.2
100130xx97x0xx 甲状腺の良性結節 手術あり 手術・処置等2なし 25 9.8 8 0.0% 53.7
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 24 11.2 9.2 0.0% 56.7
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 27.6 14.0 0.0% 66.2
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等 21 5.3 7.2 0.0% 42.8
解説:最も多いのがめまいの患者であり、1週間以内の短期入院で治療が終了しています。
甲状腺腫瘍は良性、悪性腫瘍とも比較的多く、再発や進行例などの難度の高い症例にも対応しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 29 21 16.5 0.0% 71.1
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20 13.4 11.8 0.0% 78.4
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 24.8 19.3 0.0% 71.6
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 14 27.2 17.6 0.0% 76.7
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 9.1 7.5 0.0% 69.8
解説:平成29年2月から脳卒中センター(SCU)を開設し、積極的に患者を受け入れています。その結果、カテーテル治療やt-PA治療例も増加しています。また、患者の高齢化に伴い脳梗塞の他、硬膜外血種や頭蓋内血種の症例も増えています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 58 45.2 27.6 18.9% 82.4
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 27 29.4 26.2 0.0% 75.1
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 25 3.5 5.4 0.0% 44.6
160700xx97xx0x 鎖骨骨折、肩甲骨骨折 手術あり 定義副傷病なし 18 27.0 24.4 0.0% 69.3
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病なし 15 7.0 5.8 0.0% 39.8
解説:股関節や膝関節領域の手術を専門とする医師の活躍で、大腿骨頸部骨折や膝関節の症例が多い。術後、機能回復のためリハビリ病棟に適時転棟していますが、一部の患者で院外の病院にも紹介しています。前腕の骨折は救急外来からの入院例で手術後、早期退院が可能となっています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 43 3.3 3.6 0.0% 72.6
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 38 16.2 14.8 0.0% 71.9
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 38 15.3 12.3 0.0% 67.3
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 27 10.2 12.7 0.0% 67.1
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 9.4 10.0 0.0% 29.8
解説:入院患者は肺癌症例が多く、その目的は気管支鏡検査や抗がん剤治療です。目的の内容によって入院期間は異なりますが、抗がん剤治療の症例で在院日数が長くなる傾向にあります。
糖尿内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし85歳未満 71 18.2 14.6 0.0% 60.5
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし85歳未満 12 12.5 11.4 0.0% 58.5
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり85歳未満 12 14 16.3 0.0% 72.6
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし85歳未満 12 25 14.9 0.0% 68.5
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
解説:糖尿病を担当する医師の増加により糖尿病患者の紹介や入院治療が増えています。この領域では認定看護師や管理栄養士などとの協働によるチーム医療が浸透しつつあり、質の高い継続性のある医療を展開しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 25 8.6 7.4 0.0% 75.0
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 25 9.3 12.4 0.0% 65.8
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 21 3.2 2.8 0.0% 51.5
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし 14 4.2 5.2 0.0% 56.0
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 50 2.2 3.3 0.0% 65.3
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 21 16.3 12.7 0.0% 74.4
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
050161xx01x0xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし
050080xx0100xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 39 7 9.3 0.0% 68.6
110280xx01x21x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等22あり 定義副傷病あり 17 50.2 50.8 0.0% 71.7
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 11 14.7 12.8 9.0% 78.5
110280xx01x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等22あり 定義副傷病なし
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 3.3 5.7 0.0% 5.6
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 15 3.2 6.0 0.0% 4.4
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし
リハビリテーション科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 32 87.4 27.6 0.0% 80.3
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし
160820xx01xxxx 膝関節周辺骨折・脱臼 骨折観血的手術等
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 59 8.5 8.9 0.0% 66.5
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 9.0 11.9 0.0% 63.5
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし
080011xx970xxx 急性膿皮症 手術あり 手術・処置等1なし
乳腺甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 19 8.4 6.9 0.0% 64.3
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし
090010xx03x3xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等23あり
小児外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術あり 18 2 3.2 0.0% 2
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等
11022xxx04xx0x 男性生殖器疾患 包茎手術 定義副傷病なし
030450xx97xxxx 外耳の障害(その他) 手術あり
060160x102xxxx 鼠径ヘルニア(15歳未満) 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 19 6.3 7.7 0.0% 71.8
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼
020200xx9700xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 35 17 117 12 135 1 7
大腸癌 23 36 33 68 21 97 2 7
乳癌 16 15 1 7
肺癌 19 8 29 61 31 56 1 7
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
解説:胃癌は腹膜播種センターがあるため、stageⅣや再発症例が多く集まる傾向にあります。審査腹腔鏡を行い、治療方針を決定し集学的治療を行っています。大腸癌はstageⅠ~Ⅳまで偏りなく分布しています。進行大腸癌の中には腹膜播種を来す症例もあり、stageⅣや再発症例が多くなっています。乳癌はstageⅡ~Ⅲ、肺癌はstageⅣが多く、特に進行肺癌では全身化学療法が必須となっています。肝臓癌は当院に肝臓専門医がいないため、症例数が少なくなっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 59 7.9 45.8
中等症 71 21.6 76.8
重症 100 35.1 83.9
超重症 60 28.6 84.4
不明
解説:成人市中肺炎のうち患者割合が多いのは重症肺炎症例です。軽症肺炎に比べ肺炎の重症度が高まるとも、平均在院日数は明らかに延長します。また、軽症肺炎の平均年齢が40歳代であるのに対し、重症、超重症肺炎では80歳を超えており、高齢者の肺炎は容易に重症化することが推測されます。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 13 9.3 79 0
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 104 73.7 75.9 8.6
その他 10 73.9 76.5 10.0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 10 26.3 72.7 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
解説:脳梗塞Ⅰ63$(脳血管の血栓、塞栓症)が最も多く全体の約8割を占めています。多くの症例が発症から3日以内に治療開始されており、4日以降の治療開始例に比べ、在院日数は明らかに短くなっています。しかし、一般に脳梗塞では一過性脳虚血発作などを除けば在院日数が長く、急性期後の機能回復(リハビリテーション)に長期間を要していると思われます。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 71 1.8 4.9 0.0% 58.1
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 60 2.6 15.5 3.3% 60.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 59 2 3.9 0.0% 67.5
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 47 1.8 13.0 2.1% 62.4
K7402 直腸切除・切断術(低位前方切除術) 44 3.1 37.1 0.0% 56.3
解説:腹腔鏡下手術を積極的に導入しているため、胆嚢摘出術や鼠径ヘルニア手術が多くなっています。最近、抗がん剤治療を受ける患者が増えていますが、安全に実施できるよう抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用カテーテル留置を行っています。カテーテル留置に引き続き治療を行うため、在院日数は長くなっています。
産科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 157 0.9 5.1 0.0% 37.7
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 122 1.0 7.8 0.0% 46.8
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 68 1 6.7 0.0% 37.6
K873 子宮鏡下子宮筋腫摘出術 49 0.9 1.6 0.0% 41.8
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 33 1 1.1 0.0% 42.0
解説:良性疾患のほとんどを腹腔鏡下手術で治療しています。そのため、子宮や卵巣に対する手術が多くなっており、子宮付属器腫瘍摘出、子宮全摘、子宮筋腫摘出が主要術式となっています。低侵襲での手術であり、クリニカルパスを利用して在院日数の短縮に取り組んでいます。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 220 1.0 1.2 0.0% 62.8
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 51 1.4 16.3 7.8% 81.1
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル以上) 45 0.8 1.2 0.0% 59.5
K654 内視鏡的消化管止血術 35 3.4 13.1 2.8% 68.2
K6871 内視鏡的乳頭切開術 乳頭括約筋切開のみのもの 31 2.8 11.4 0.0% 71.8
解説:大腸ポリープに対する内視鏡的ポリペクの症例が圧倒的に多くなっています。最近はEMRからESDの症例も増えており、積極的に内視鏡的治療に取り組んでいます。総胆管結石や胆管腫瘍症例では80歳を超える症例が多く、患者のADLに配慮しながら内視鏡的胆道ステント留置を行っています。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 201 2 3.6 0.5% 69.8
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 68 2.4 3.2 0.0% 75.1
K597-2 ペースメーカー交換術 16 1.6 8.5 6.2% 79
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 16 1.0 2.1 0.0% 67.3
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 16 2.7 14.6 0.0% 77.1
解説:循環器内科は心臓、大血管、さらに末梢血管の血管病変に対しカテーテル治療を積極的に行っています。経皮的冠動脈ステント留置術は初めて年間200件を超えました。24時間で狭心症などの虚血性心疾患に対応している成果と思われます。重症や難治性の不整脈に対し経皮的カテーテル心筋焼灼術も開始しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 345 0 2.3 73.5 0.0%
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 25 0 4.9 73.3 0.0%
K279 硝子体切除術
K281 増殖性硝子体網膜症手術
K2681 緑内障手術(虹彩切除術)
解説:高齢化に伴い手術対象者は増えており、水晶体再建術は前年度43人増の345人に達しました。高度な技術を要する硝子体茎顕微鏡下手術なども大学と協力して実施しており、数とともに手術の質の向上にも取り組んでいます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 49 1.3 26.4 0.0% 72.5
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 48 1.9 37.3 20.8% 79.5
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 36 1.2 17.6 0.0% 49.4
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 22 4.4 38.5 9.0% 78.3
K0483 骨内異物(挿入物を含む。)除去術 前腕、下腿 21 0.7 1.8 0.0% 43.7
解説:股関節や膝関節領域の人工関節置換術が最も多くなっています。この領域の専門医の影響と考えられます。その他に四肢の外傷による骨折に対する手術が多くなっています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 34 1 5.3 0.0% 26.8
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 23 1 7.1 0.0% 52.9
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 21 0.2 4.1 0.0% 42.8
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 16 1 8.1 0.0% 54.2
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 14 1 3.2 0.0% 51
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 72 0.3 1.1 0.0% 54.3
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 26 2.8 8.1 0.0% 74.0
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) 13 2.1 14.1 0.0% 58.7
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 0.42 22.3 0.0% 67.3
K764 経皮的尿路結石除去術
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 50 2.7 9.7 0.0% 73.0
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 17 2.2 13.5 0.0% 74.2
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈)
K5551 弁置換術(1弁)
K6173 下肢静脈瘤手術(高位結紮術)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 1.5 13.8 4.5% 78.9
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K1783 脳血管内手術(脳血管内ステント)
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 23 5.3 3.3 0.0% 33.3
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 18 4.3 5.6 0.0% 69.2
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 11 4.1 8.6 0.0% 64.0
K196-2 胸腔鏡下交感神経節切除術(両側)
K145 穿頭脳室ドレナージ術
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 34 0 1 0.0% 4.5
K836 停留精巣固定術 18 0 1 0.0% 2
K6333 臍ヘルニア手術
K8282 包茎手術(環状切除術)
K8282 先天性耳瘻管摘出術
リハビリテーション科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 25 4.9 83.4 0.0% 81.6
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 11 8.9 87.4 0.0% 78.4
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝
K1742 水頭症手術(シャント手術)
K7432 痔核手術(硬化療法(四段階注射法による))
乳腺甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴わない) 23 1.6 6.2 4.3% 64.8
K474-3 乳腺腫瘍画像ガイド下吸引術
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(腋窩部郭清を伴わない)
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術)(腋窩部郭清を伴う)
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術)(胸筋切除を併施しない)
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 23 9.7 28.5 0.0% 69.3
K610-3 内シャント設置術
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術
K608-3 内シャント血栓除去術
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 16 0.2
180010 敗血症 同一 23 0.3
異なる 11 0.2
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.2
異なる
DICは外科的治療などに合併して発症することが多く、入院契機と異なるタイミングで出現しています。前年度に比べ増加傾向にあります。敗血症は入院契機の時点で発症していることが多く、呼吸器感染症や血液疾患などに合併しています。真菌感染症は抗菌剤の適正使用やCVカテーテル留置の減少でほとんど見られません。さらに、手術処置などの合併症は前年度に比し著明に減少しており、治療内容の質向上が寄与していると考えられます。
更新履歴
2017/9/28
『DPCデータによる病院情報の公表』を公開しました。