平成27年度 草津総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 170 122 335 587 882 787 1456 1608 1290 448
解説
当院は地域医療支援病院であり湖南医療圏での中核病院として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さんに提供しています。湖南医療圏は今後も人口の増加が見込まれ、小児から老人まで多種多様の年齢と疾患を有する患者さんが入院されています。その一方で、当院でも60歳以上の患者さんの占める入院割合が6割を超え、病状が重症になりやすい高齢者の入院が多くなる傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2なし 152 27.5 16.0 0% 76.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 114 51.2 25.4 4.4% 86.1
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 106 38.6 16.2 1.6% 66.8
解説
65歳以上の高齢者の入院が多いことから急性肺炎や誤嚥性肺炎の患者数が増加しています。また、重症化する症例も多く在院日数は長期化する傾向にあります。当院には糖尿病センターがあり、教育入院も含め多職種連携にてチーム医療を行っています。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 57 12.2 10.3 0.0% 80.1
060190xx99x0xx 虚血性腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 51 8.6 8.8 0.0% 66.0
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 43 8.6 7.0 0.0% 50.7
解説
内視鏡的治療を積極的に行っており、もっとも多い疾患は、大腸ポリープです。内視鏡的ポリープ切除術は在院日数を3日に設定したクリニカルパスで運用しています。高齢化に伴い胆石疾患や結腸憩室性疾患(憩室炎)が増加しています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 143 5.5 4.7 0.7% 71.5
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 118 32.3 18.5 0.9% 83.9
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 47 4.3 3.0 0.7% 67.8
解説
虚血性心疾患などの救急疾患に対し専門医により24時間体制で治療にあたっています。狭心症症例が多く積極的に心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈形成術を行っています。一方、高齢者では心不全で入院する症例も増えており、クリニカルパスを導入し効率化と在院日数の短縮を図っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 42 51.9 32.2 2.4% 82.6
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 21 5.7 5.6 0.0% 55.1
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 定義副傷病なし 17 30.9 26.8 0.0% 63.2
解説
股関節を中心として人工骨頭挿入術を専門とする整形外科医が赴任し着実に患者数が増加しています。手術件数は増加していますが高齢者の患者さんが多いため在院日数は長期化する傾向にあります。転院する症例は少なく、リハビリも含め院内完結型の治療が可能となっています。
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110050xx97x1xx 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術・処置等2あり 114 44.5 45.3 7.0% 57.9
060020xx99x40x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 87 6.1 6.4 0.0% 55.0
110050xx01x0xx 後腹膜疾患 後腹膜悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 81 13.3 12.0 2.5% 55.0
解説
当院には腹膜播種センターが併設されており全国から患者さんが訪れます。当センターでは腹膜切除や腹腔内化学療法などの高度で最新の治療を行い優れた成績を上げています。胃の悪性腫瘍症例の患者さんの多くは全身あるいは腹腔内化学療法を目的として入院されています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 169 9.7 6.9 0.0% 42.7
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 60 7.6 6.4 0.0% 41.6
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 56 7.6 8.0 0.0% 35.7
解説
優れた手術手技とチーム力で多くの婦人科疾患に対し腹腔鏡手術を展開しています。特に良性疾患に対しては、そのほとんどを腹腔鏡下手術で治療を行っています。全国から患者さんが受診されるので入院及び手術件数が多くなっています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 10 5.5 8.1 0.0% 75.5
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 4 5.8 8.3 0.0% 67.0
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 3 5.3 7.0 0.0% 72.7
解説
眼科入院の多くは白内障手術に関係する患者さんで占められています。時には高難度の手術も行っていますが、大学から医師を派遣していただき院内で完結できる治療体制を取っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 16 17 66 36 115 1 7
大腸癌 29 28 26 15 49 48 1 7
乳癌 8 7 4 5 18 13 1 7
肺癌 10 11 36 38 34 40 1 7
肝癌 10 3 6 5 4 27 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
解説
当院では胃癌、大腸癌、肝癌の患者さんを消化器内科・外科、肺癌の患者さんを呼吸器内科・外科が診ています。内科と外科の壁がなく診断から治療までシームレスに移行することが可能となっています。
大腸癌ではstageⅠ~Ⅳまであまり偏りなく分布しています。最近は高齢者も多いことから患者さんの状態に応じた手術や化学療法などの幅広い治療を実施しています。
肺癌は残念ながらstageⅢ~Ⅳの進行癌が多くなる傾向にあります。
消化器内科は内視鏡的診断に優れた医師が多く特に胃癌では早期に発見される症例が増えています。治療においても内視鏡的治療や腹腔鏡下手術を積極的に行っています。その結果再発率は非常に少なっています。
なお、不明に分類されている症例については、治療前の検査入院に該当する患者さんが多く、入院中に検査結果が出ていないため病期分類ができていないことなどが理由として挙げられます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 39 8.6 48.0
重症度 1 80 21.4 79.5
重症度 2 56 61.3 84.0
重症度 3 23 50.0 87.0
重症度 4 5 35.4 87.4
重症度 5 1 57.0 88.0
不明 1 171.0 74.0
解説
患者数が最も多い肺炎は重症度1ですが、他の重症度の症例も多くなっています。重症度が上がるごとに治療に日数を要す傾向にあり、在院日数が明らかに長くなっています。 また、重症度0の患者さんの平均年齢が48歳に対し重症度2~では80歳を超えており、高齢者の肺炎は重症化していることが分かります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 15 7.7 69.1 0.0%
その他 4 10.0 80.8 0.0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0.0%
その他 0 0 0 0.0%
I63$ 脳梗塞 3日以内 100 80.1 74.4 3.0%
その他 16 109.6 75.9 18.8%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 11.0 68.0 0.0%
その他 3 33.3 72.7 0.0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 5.0 90.0 0.0%
その他 0 0 0 0.0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0.0%
その他 0 0 0 0.0%
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 2 7.5 54.5 50.0%
その他 0 0 0 0.0%
解説
当院では脳血管障害は脳神経外科が担当しています。脳血管障害のうちI63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が集計対象全体の8割以上を占めます。 急性期脳梗塞の患者さんの平均年齢は 70歳を超え、高齢者が多くなるとともに在院日数も長期化しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 153 3.4 6.9 1.3% 72.0
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 34 2.2 8.3 2.9% 76.8
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 22 1.8 3.2 0.0% 70.2
解説
循環器内科は心臓、大血管、さらに末梢血管の血管病変に対し血管内カテーテルによる治療を行っています。血管拡張や血栓除去、動脈形成さらにステント留置などの幅広い治療を高度の技術とチーム医療で取り組んでいます。スタッフも充実していることから24時間体制で対応し多くの患者さんを救命しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術 39 1.3 8.9 0.0% 53.5
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 36 3.8 47.2 0.0% 77.4
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 36 1.8 36.2 0.0% 69.2
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用埋込型 109 4.6 14.7 3.7% 59.2
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 83 2.2 5.6 0.0% 59.8
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 50 3.1 4.9 4.0% 55.9
解説
消化器外科には腹膜播種センターが併設されており、多くの患者さんが全国から紹介されています。腹膜播種の患者さんには安全に全身化学療法を実施するため埋込型カテーテルの留置が必要であり、そのため手術件数が多くなっています。腹腔鏡下試験切除は腹膜播種の確定診断を行うとともに腹腔内化学療法を実施するために行っています。腹腔鏡下胆嚢摘出術は以前から実績が評価され紹介患者さんが増加する傾向にあります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 111 1.2 7.9 0.0% 47.7
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 88 1.2 4.8 0.0% 36.8
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 86 1.2 7.3 0.0% 37.2
解説
当院の産婦人科は腹腔鏡下手術を得意としており良性疾患のほとんどを腹腔鏡下手術で治療しています。優れた成績から県下だけではなく全国から患者さんが来院しており手術件数は増加方向にあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する 302 0.0 2.3 0.0 73.2
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 19 0.0 4.7 0.0 74.1
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) 2 0.0 3.0 0.0 80.0
解説
白内障手術として水晶体再建術を積極的に行っています。高齢化に伴い手術対象となる患者さんは多く年間300件以上となっています。高度な技術を要する顕微鏡下手術も大学と協力して行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 8 0.1%
異なる 10 0.0%
180010 敗血症 同一 22 0.3%
異なる 12 0.2%
180035 その他の真菌感染症 同一 2 0.0%
異なる 1 0.0%
180040 手術・処置等の合併症 同一 27 0.4%
異なる 5 0.1%
解説
播種性血管内凝固症候群は外科的治療時の感染症などに伴い発症することが多くなる傾向にあります。
一方敗血症は肺炎などの呼吸器感染症や重度な侵襲を伴う術後の合併症、さらにはカテーテル感染症から発症します。
当院では高齢者が多いことや腹膜切除などの合併症の多い手術を行っていることから発生率は高くなっています。手術処置等の合併症も同様の理由で増加しているものと考えられます。真菌症の感染症は抗菌剤の適正と中心静脈カテーテルの使用頻度が減少していることからほとんどみられておりません。
更新履歴
2016/10/07
厚生労働省指定指表名称を変更「診療軍分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)」「初発の5大癌の UICC病期分類別ならびに再発患者数 」「診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)」 「その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発症率)」:次にあげる指標の数値を更新「年齢階級別退院患者数」「診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)」「成人市中肺炎の重症度患者数等」「脳梗塞の ICD10 別患者数」「診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)」「その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発症率)」