診療科・部門

麻酔科

関連ページ一覧
トップ スタッフ

概要・実績

手術室(7室)における麻酔業務と周術期管理、集中治療室(19床うち10床稼働)における集中治療、そして緩和ケアチームの運営を通して、急性期から慢性期における幅広い疾患の治療に関わっています。
医師の教育では、麻酔科学、集中治療医学、疼痛管理学、緩和医療学の指導を行います。

 

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
 

2011年度

(平成23)

2012年度

(平成24)

2013年度

(平成25)

定期麻酔科管理症例数 1,790件 1,813件 1,986件

 

麻酔科の役割(日本麻酔科学会HPより)

 

麻酔科医は、手術中の麻酔管理のみならず、手術前後の患者さんの全身状態を良好に維持・管理するために細心の注意を払って診療を行う専門医です。

 

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
全室監視可能なモニター室 患者モニターと全身麻酔装置 ビデオガイド下気管挿管

集中治療とは(日本麻酔科学会HPより)

集中治療とは、内科系、外科系を問わず、呼吸や循環、代謝などの重篤な急性機能不全に陥った患者さんを強力かつ集中的に治療・看護を行うことです。各臓器の急性機能不全状態のみならず、大きな侵襲を伴う手術(例えば心臓手術や臓器移植手術など)の術後管理にも、集中治療を行います。
集中治療は、この治療を行う特別の部門で実施されることが多く、集中治療部(ICU)や集中治療室(ICU)、新生児集中治療室(NICU)、冠動脈疾患集中治療室(CCU)、母体・胎児集中治療室(MFICU)などがあります。

 

集中治療室

緩和ケアとは(WHO定義文2002より)

緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する題に直面している患者さんと家族の痛み、その他の身体的、心理社会的、スピリチュアルな問題を早期に同定し適切に評価し対応することを通して、苦痛(suffering)を予防し緩和することにより、患者さんと家族のQuality of Lifeを改善する取り組みです。

⇒ 診療科・部門一覧に戻る

診療科一覧ナビゲーションボタン

診療科一覧

社会福祉法人 誠光会 草津総合病院

草津総合病院に電話をかける 電話番号0775638866津総合病院への交通アクセスページトッに戻る

077-563-8866 (代表) 077-516-2511 (医療機関の方) 077-516-2500 (健康管理センター) 閉じる