診療科・部門

高気圧酸素治療室

関連ページ一覧
トップ Q&A

概要・特色

治療は入院、外来とも9:00~17:00まで行っていますが、治療の特殊性から救急患者さんには24時間体制で対応しています。治療は衣服と持ち物に制限がありますが、患者さんは治療器内で横になっていただき、テレビなどを見ながらリラックスした雰囲気で治療が受けられます。

情報量が多い場合に横にスクロールできます。
開 設 平成18年4月 新築増床移転に伴い設置
装 置 純酸素加圧式第1種治療装置(SECHRIST 2800J)1台
責任者 松村 憲一(副院長:脳神経外科)高気圧酸素療法専門医
医 師 水野 明里(眼科)高気圧酸素療法専門医
担当技師 臨床工学技士8名

 日本高気圧環境・潜水医学会会員加入施設

治療内容

高気圧酸素治療とは?

透明な治療器の中を100%の酸素で満たし、私たちの暮らしている地上よりも2~3倍高い気圧(水深10~17mに相当)に調節します。
治療器の中で90分程度過ごしていただくことで、血中の酸素量を通常の10~15倍に増やします。また、気圧を高くすることによって体内のガスの容積を 小さくできます。さらに、酸素の毒性を利用して細菌を抑制します。このような特性を利用し、さまざまな病態を改善することができます。

 

保険の適応になる疾患(厚生労働省基準 2010年4月1日改定)

情報量が多い場合に横にスクロールできます。

救急的適応
(以下の疾患に対して、

発症後1週間以内に行う場合)

  • 急性一酸化炭素中毒その他のガス中毒(間歇型を含む)
  • ガス壊疽、壊死性筋膜炎又は壊疽性筋膜炎
  • 空気塞栓症又は減圧症
  • 急性抹消血管障害(重症の熱傷又は凍傷、広汎挫傷又は中等度以上の血管断裂を伴う末梢血管障害、コンパートメント症候群又は圧挫創症候群)
  • ショック
  • 急性心筋梗塞その他の急性冠不全
  • 脳梗塞、重症頭部外傷若しくは開頭術後の意識障害又は脳浮腫
  • 重症の低酸素性脳機能障害
  • 腸閉塞
  • 網膜動脈閉塞症
  • 突発性難聴
  • 重症の急性脊髄障害

非救急的適応
(以下の疾患又は救急的な疾患であって

発症後の期間が 1週間を超えたものに行う場合)

  • 放射線又は抗がん剤治療と併用される悪性腫瘍
  • 難治性潰瘍を伴う末梢循環障害
  • 皮膚移植
  • スモン
  • 脳血管障害、重症頭部外傷又は開頭術後の運動麻痺
  • 一酸化炭素中毒後遺症
  • 脊髄神経疾患
  • 骨髄炎又は放射線性死

お問い合せ

ご相談は、地域連携センター 地域連携課に連絡ください。

⇒ 診療科・部門一覧に戻る

診療科一覧ナビゲーションボタン

診療科一覧

社会福祉法人 誠光会 草津総合病院

草津総合病院に電話をかける 電話番号0775638866津総合病院への交通アクセスページトッに戻る

077-563-8866 (代表) 077-516-2511 (医療機関の方) 077-516-2500 (健康管理センター) 閉じる